このブログでは、アトリエ朴からのお知らせを配信しています。
お庭の設計・施工・植栽・植物を使った空間提案など、何でもご相談下さい。
遊び心を大切にし、建物と調和するデザインをご提案いたします。

庭空間を魅せる10のコツ 講演会お知らせ

2016hibiya,arifuku.jpg


もうじき日比谷ガーデニングショーが開催されますね。
実は開催中の10月29日(土曜日)に、日比谷公園内の緑と水の市民カレッジにおきまして、10:00~セミナーを開催させていただきます。今までコンテストに参加する中で先輩方から教えてもらってきて、すごく実感できたものを≪コツ≫としてお話しさせていただきます。なので、アカデミックなセミナーではなくて、ガーデンショーまわりながらおしゃべりしているようなライトな内容となっています。 でも、当たり前のようでもあり忘れがちな事も多いので、日程のあう方はぜひいらしてください!
なんせ、定員70名ですから。 きっと実際は7人くらいですから。

10月25日 申込み締め切りとなっています。
とちぎグリーンフェスタ2015

inthestory.jpg


とちぎグリーンフェスタ2015にて、招待作家としてミニミニガーデンを制作させていただきました。 ありがとうございました。


in the story

大冒険も、歴史に飛び込む事も、ドラマチックな恋愛さえ、全てはこのベンチで。
気持ちよく本を読む事をテーマにしています。
植栽セミナー 

セミナー前編.jpg


エクステリアCADのRIKさまよりの依頼で、青山にある本社にて、CADユーザーを対象とした植栽セミナーを行いました。植栽エリアのつくり方や、植物の話、色の話、形の話と、急ぎ足の2時間セミナーとなりました。

お客様に話すのと、プロ向けの有料セミナーは少し緊張感が違います。
先輩からもらったアドバイス通り、うなずいて聞いてくれている方を探して、その方に話すつもりで、挑みました.
無事に終わって良かったです。
コラム掲載
業界紙である「週刊エクステリア新聞」へ、JAGのコラムとしてアトリエ朴デザイナー有福が「育つものと育たないもの」としてコラムを書かせていただきました。月一回程のペースで、○○と○○という比較ネタでJAGメンバーが書いています。

私の場合ある意味、コラム等の書き物は読むよりも書く方が勉強になる気がします。
もりお花ハンギングバスケットフェア審査員として伺いました
SITY.jpg


もりお花ハンギングバスケットフェアの審査員としてお伺いさせていただきました。ガーデン&ガーデンさんの庭コンテスト、寄せ植えコンテストに続いての大役いただきました。基本的に、国際バラとガーデニングショーや、丸の内仲通りガーデニングショーへ、作品を出品する事で、自分の庭づくりや作品づくりに対する試行錯誤を行ってきた立場として、「作者」の気持ちをじゅうぶんに組み込んだ審査ができればと思いました。
作品の前で動けなくなってしまうような引きつけられる作品にも出逢え、力をもらえました。


HAN2.jpg

素晴らしい作品の数々、色遣いなどは庭へももちろん応用できる事で、たくさんのinputもいただく事ができました。

総評.jpg


盛岡市長を前になれない大役に緊張もしましたが、作品の素晴らしさの部分は、考えなくても
次々言葉が出てくる、講評ができたかと思います。作品のおかげ!